樹木や岩などに塗料で丸印や矢印などが書き込まれる!その目的とは?有効な対策について|知ってほしい世界の防犯事情

  • ブログ
  • 世界の防犯事情

世界の防犯事情

こんにちは!世界の事件やニュース、防犯についての記事を取り上げる「世界の防犯事情」についてです!
私たちが気になるニュースをピックアップしますので、是非、ご一読ください!

 

ほった
ほった
私が担当する「実際の事件シリーズ」も是非見てください!


壁

近年では、山歩きがブームとなり山歩きを楽しむ人も増えているようです。
しかし、それに伴い問題も起きています。
今回は、山で起きている問題について見ていきましょう。

 

1.嘉穂アルプスで樹木や岩に塗料で丸印や矢印などが書き込まれる!

福岡県にお住いの方であれば、「嘉穂アルプス」をご存知だと思います。
報道によると、嘉穂アルプスの樹木や岩などおよそ120か所に、塗料で書かれた丸印や矢印などが見つかったそうです。
使われていた塗料は、黄色で使用済みのスプレー缶なども見つかっているとのこと。
このような行為は、絶対に許されない行為です。

<樹木や岩に「自然傷つける」塗料120カ所>

 

なぜ印をつける必要があるのか?

一般的には、樹木や岩などにスプレーで印をつける目的がわかりません。
ですが、いくつかの可能性が指摘されています。

目印としてつけている
いたずら

可能性として最も高いのは、目印としてつけているというもの。
進行方向などを親切心から書き込んでいるという可能性です。
本人に悪気はないのかもしれませんが、勝手に樹木や岩などにスプレーで目印をつけることは出来ません。
自分の持ち物ではなく、他人の物であるということを忘れてはいけません。

また、スプレーなどで書かれてしまうと、消すのが大変ですし樹木や岩を傷つけることにもなってしまいます。
景観を損ねるだけでなく、環境を破壊してしまうことにもつながるため、絶対にやってはいけません。

指摘されているのは、主に親切心からというものが多くなっていますが、いたずらで行っている可能性も高いでしょう。
様々な場所に書き込まれていることから、自分がそこを訪れたという記念などで書き込んでいる可能性もあります。
親切心などではなく、悪意を持って行っている可能性もあるため、注意しなければなりません。

ほった
ほった
せっかくの自然が汚されている気持ちになりますね

 

どのような対策が有効となるのか?

まず、理解しておきたいのが一般的ないたずら対策とは異なるということです。
通常であれば、防犯カメラを設置するのが最も効果的と言えるでしょう。
ただし、山の中では電源などを確保するのが難しいという問題があります。
それから、山全体のスペースは広大なため、すべてを撮影することは難しいでしょう。
トレイルカメラなど設置が可能なものもありますが、設置することで景観が損なわれるという可能性も考えなければなりません。
標識などを増やすのも同様のことが言えます。
そのため、非常に難しい問題と言えるでしょう。
仮に、カメラや標識などを設置するのであれば、景観を損なわないようにする必要があります。

安心保証

ほった
ほった
保証が充実していると、設置後も安心なのでオススメです☆

流れ

防犯カメラを設置したいと思ったときにどうすればいいのか分からない方も多いかもしれません、
業者にお願いして設置してもらうためには現地調査を行い設置場所を確認させていただく必要があります。
基本的には現地調査→見積→契約→工事という流れです。
しかし、マンションであれば理事会での説明や、企業であれば予算会議でのプレゼンなどが必要になることも。
お客様のご要望に応じて設置工事まで全力でサポートさせていただきます。
詳しくは↑をご覧ください。

コラム画像

普段あまり人に話すことのないマニアックな話を工事部がします!
防犯カメラの工事といっても使用する道具や配線方法などさまざまです。
「こういう場合はどんな工事をするんだろう」と気になる人も多いのでは?
防犯カメラ1台設置するだけでも、場所によっては大掛かりな工事が必要な場合も。
逆に特殊な配線方法であれば複数台が短時間で終わることも!
そんな工事に関する気になるアレコレを解説します!

世界の防犯事情

世界で「監視カメラ大国」と呼ばれている国をご存じでしょうか?
実は世界には様々な防犯事情があります。
日本では犯罪にならないことが海外では犯罪になったり、その逆もあり得ます。
知らずに海外旅行に行って大変な事件に巻き込まれたというケースも!
意外と知られていない世界の防犯事情について解説します!


★お見積りやご質問はこちらから!

2ステップお見積り

 

防犯カメラのご相談は

pateTop