保存する先が大きなポイント!防犯カメラのクラウド録画とは何か?そのメリットとデメリットとは?

    NSS防犯カメラ

    一般的な防犯カメラや監視カメラでは、カメラで撮影した映像をレコーダーと呼ばれる記録装置に記録します。
    しかし、最近では新たな録画方法として、「クラウド録画」が注目されるようになりました。
    今回は、「クラウド録画とは何か?」「どのようなメリットとデメリットがあるのか?」について解説します。

    1.クラウド録画とは何か?

    通常の防犯カメラや監視カメラで撮影された映像は、レコーダーと呼ばれる記録装置に記録されます。
    そのため、カメラとレコーダーの両方がないと録画が出来ません。
    これとは異なり、レコーダーがなくても撮影した映像を記録出来るのが、クラウド録画です。
    撮影した映像はインターネットを通じて、クラウド上に保存するのがクラウド録画と呼ばれる録画方式。
    大きなポイントとなるのは、録画装置が不要になること、レコーダーではなくクラウド上に保存するということです。

    ほった
    ほった
    クラウド録画であればレコーダー不要なので安く抑えられる場合もあります

     

    どのような仕組みになっているのか?

    まず、前提条件としてインターネットに接続されていることが条件となります。
    そして、あらかじめ契約しているクラウド上に自動的に映像がアップロードされ保存される仕組みです。
    保存された映像は、パソコンやスマホなどから確認することも可能となっています。
    クラウドにアクセスさえ出来れば、どこからでも映像を視聴することが出来るのです。

    過去に参考になる記事を書いていますので、よろしければ併せてご一読ください。

     

    利用するメリットとデメリットについて

    では、クラウド録画を利用するメリットとデメリットについても考えてみましょう。
    具体的なメリットには、次のようなものがあります。

    離れた場所からでも映像を確認出来る
    コストを抑えられる(録画装置など)
    データを持ち去られる・奪われるリスクがない
    検知機能があれば、異変や緊急事態などにもすぐに気づける

    最も大きなメリットは、離れた場所からでも映像を確認出来る点です。
    レコーダーに記録している場合には、その場所に行かないと映像を確認することは出来ませんが、クラウド上に保存しておけば、離れた場所からでも確認が可能。
    複数の店舗の状況を確認したい場合などには、とても効果的と言えるでしょう。
    また、レコーダーが不要となるため導入コストを抑えられる点、クラウド上に保存するためデータを消失・破損してしまうリスクが低いのもメリットと言えます。
    それから、検知機能を持っていれば、不審者の侵入などにすぐに気づくことが出来、警告や通報など必要な対応を迅速に行えるというメリットもあるでしょう。

    <デメリット>
    保存期間・台数などに応じた利用料がかかる
    インターネット環境を整える必要がある
    ハッキングなど映像流出のリスクがある

    おそらく、クラウド録画に切り替えようと考えている方のほとんどは、コスト面でそう考えているのでしょう。
    ですが、クラウド録画は無料で利用出来るものではなく、カメラの台数・保存期間などに応じた利用料が必要となります。
    月々の利用料は、相場としては数千円程度ですが台数が多くなる、あるいは長い保存期間を選択するとコストはさらに上がることになるのです。
    そのため、一概にコストを抑えられるとは言えないでしょう。

    仕組みでも紹介しましたが、撮影された映像は常にクラウド上にアップロードされることになります。
    通信量が増大することになるでしょう。
    途中で通信が途切れてしまうと正常に映像がアップロード出来ない、正常に保存されないなどの場合も考えられます。
    場合によっては、新たにインターネット環境を整備する必要があるでしょう。

    警戒しなければいけないのが、ハッキングについてです。
    常にインターネットに接続しているため、ハッキングなどの被害に遭った場合には映像が流出する可能性があります。
    個人情報が流出してしまえば、信用を失うことになりますし、最悪の場合には倒産に追い込まれる可能性もあるでしょう。
    高いセキュリティ対策が求められます。

    参照サイト
    <防犯カメラにリスクあり 導入前に確認すべき8つのこと>

     

    2.突然サービスを利用出来なくなってしまうリスクもある!

    室内カメラ

    さて、ここまでメリットやデメリットについて解説しましたが、もう1つ知っていただきたいことがあるのです。
    それは、突然サービスを利用出来なくなる恐れがあるということ。
    総務省でもすでに警告されていますが、クラウド録画サービスを提供している業者側の障害や不備によってデータが消失する、サービスが利用出来なくなることがあるのです。
    他にも、業者がサービスから突然撤退してしまうなども起きています。
    業者選びを間違えてしまうと、後悔することになってしまうかもしれません。
    代替の手段やサービスの準備しておく、必要なデータをバックアップしておくのがよいでしょう。

    <クラウドサービス利用時の注意点>
    <参照記事>

     

    一概にコスパが良いとは言えないクラウド録画

    コスパが良いと思って、クラウド録画に切り替えたという方もいらっしゃると思いますが、結論から言えば一概にコスパが良いとは言えないでしょう。
    たしかに、レコーダーが不要となるので導入コストは抑えられるでしょうが、その分インターネット環境を整備しなければいけないので、コスパが良いとは言えません。
    さらに、デメリットでもお伝えしましたが、インターネット環境によって大きく左右されるので安定性に欠けるという不安があります。

     

    安定性で選ぶなら現地にレコーダーを置くのが良い!

    録画方法には、いくつかの方法がありますが、安定性で選ぶのなら現地にレコーダーを設置して録画する方法が良いでしょう。
    ネット環境などに左右されず、安定的に映像を録画出来るのが大きな魅力です。
    設置するスペースが必要になる点、初期費用がかかる点などもありますが、総合的に考えるとレコーダーを設置して記録する方が安心と言えるでしょう。

    ほった
    ほった
    映像が途切れるリスクもレコーダーであれば大幅に減らせます!

     

    3.費用面は魅力だが安定性に欠ける!レコーダーを置くのが良い!

    ここまで解説してきた、クラウド録画は費用面で大きな魅力があります。
    その一方で、インターネット環境に大きく左右されてしまうという、大きなデメリットもあるのです。
    24時間365日安定して撮影・記録が出来ないと、防犯目的では役に立ちません。
    総合的に考えると、安定性が高い現地にレコーダーを置き、録画するという方法がよいでしょう。


    流れ

    防犯カメラを設置したいと思ったときにどうすればいいのか分からない方も多いかもしれません、
    業者にお願いして設置してもらうためには現地調査を行い設置場所を確認させていただく必要があります。
    基本的には現地調査→見積→契約→工事という流れです。
    しかし、マンションであれば理事会での説明や、企業であれば予算会議でのプレゼンなどが必要になることも。
    お客様のご要望に応じて設置工事まで全力でサポートさせていただきます。
    詳しくは↑をご覧ください。

    バナー

    実際の事件から学べることはたくさんあります。
    防犯カメラがきっかけで解決できた事件、防犯カメラがあれば解決できた事件もあります。
    さまざまな事件から防犯カメラについて学びましょう。
    そして防犯対策について一緒に考えましょう。

    2ステップお見積り

    pateTop