進化を続ける防犯カメラ。最初の防犯カメラはイギリス…?防犯カメラ業界の知られざる歴史

    緊急事態宣言が解除され街が賑わってきました!みなさんはどんな年末をお過ごしの予定ですか?

    本日はオフィスや店舗、街頭などで見かける防犯カメラ。
    今やあたりまえの光景ですが、防犯カメラの歴史についてはあまり知られていません。
    今回は、進化を続ける防犯カメラの歴史についてご紹介します。

    この記事の内容

    ・知られざる防犯カメラの歴史!
    ・進化する防犯カメラ
    ・今ではなくてはならない存在になった防犯カメラ!

     

     

    1.弊社が値上げをしない5つの理由とは?

    今やあらゆる場所に設置されている「防犯カメラ」ですが、
    世界で最初の防犯カメラはイギリスで作られたと言われています。
    最初に作られた防犯カメラの目的は、
    「卵泥棒を撮影するためのカメラ」でした。
    鶏舎に卵を盗みに来る犯人を撮影し、犯人を特定するためのカメラであったというのは驚きです。

     

    2005年のイギリスロンドン同時多発テロ

    2005年イギリスの首都であるロンドンで、地下鉄3ヵ所、バス1台がテロリストに爆破され
    多くの犠牲者がでるという痛ましい事件が起こりました。
    この事件では、実行犯4名を含む、56名が死亡。
    このテロ事件をきっかけに、イギリスでは防犯カメラの設置台数がさらに増え、
    今では防犯カメラ大国として有名です。
    イギリスの首都ロンドンだけでも、40万台以上の防犯カメラが設置されていると言われています。

    日本での防犯カメラの歴史

    日本での防犯カメラの歴史について振り返ってみましょう。

    ○ 1970年代 ATMを監視する目的で導入が進む。一般住宅やオフィスなどには設置されず
    ○ 1980年代 日本でもようやく一般化され、オフィスビル、商業施設にも設置される
    ○ 1990年代 窃盗などの犯罪が増加、防犯意識の高まりにより、マンションや一般住宅にも設置されるようになる。また、ネットワークカメラも登場する

     

    今では、街を歩けば必ずと言っていいほど見かける防犯カメラ。
    当初は、銀行や証券会社など設置されている場所は限定されていました。
    また、防犯カメラは、「贅沢品」と考えられており、
    誰でも導入するのではなく、お金に余裕のある裕福な人が設置しているというイメージ。

    防犯カメラの設置が増加した背景には、
    1995年の地下鉄サリン事件が大きく影響していると言われています。
    ちなみに、この事件の容疑者の1人であった高橋克也容疑者は、防犯カメラの映像や写真を積極的に公開した結果、
    「似ている男がいる」という通報を受けて東京都大田区の漫画喫茶で逮捕されました。

    このような犯罪が増加したことを受け、人々の「防犯意識」が高まり、
    防犯カメラの需要も増加。その結果、一般家庭や一般企業でも導入しやすい価格となり
    現在では、多くの場所に設置されています。

    ※参照資料

    https://dmj.co/media/surveillance-cameras-all-over-the-country/

    防犯カメラが普及した背景には、「防犯意識の高まり」「凶悪事件の発生」などがあるのです。

     

    2.進化する防犯カメラ

    防犯カメラが日本に登場した頃は、はっきり言って性能の低いものだったそうです。
    現在のように、映像を記録することができず、また画質も悪く、
    常に人間の目で監視していなければならないものでした。
    しかし、そこから防犯カメラはどんどんと進化。
    現在では、スマートフォンを使った遠隔管理にも対応しています。
    そのため、離れた場所からでも映像を確認することが可能。

    さらに、近年では防犯カメラの映像解析にAIが活用されています。
    まだまだ、完璧なものではありませんが、
    AIを活用することで、24時間365日監視が可能。
    他にも、不審者の検知や通報といったことにも期待が高まっています。
    AIを使った技術は、防犯だけでなく、マーケティングの分野にも活用されているのです。

    マーケティングの活用例

    ○ 店での滞在時間の把握
    ○ 来店者の店内での行動分析(どのようなルートで商品を見るのかなど)
    ○ 混雑しやすい時間帯の把握
    ○ 来店した人数、性別、年齢層の把握

    過去に参考になる記事を書いています。

    2016年の相模原知的障害者施設殺傷事件

    2016年に神奈川県相模原市の知的障害者施設で元職員の男が、
    入所者19人を殺害、26人に重軽傷を負わせるという事件が発生。
    施設の職員を結束バンドで拘束し、鍵を奪い、職員の目の前で、
    入所者を刃物で次々に襲ったとされています。
    約50分間も次々と入所者が襲われるという悲劇でした。
    犯人の男は、裏口から敷地内に入り、窓ガラスを割ってなかに侵入。
    元職員であるということから、施設の防犯状況を知っていたと見られています。

    犯人の男は、その逮捕され、裁判で死刑判決を受け、死刑が確定しました。

     

    相模原での事件を受け、福祉施設での防犯カメラ導入が増加

    相模原での事件を受け、全国の介護施設など福祉施設での防犯カメラの導入が増加。
    防犯カメラを設置することで、不審者が侵入するのを防ぐ、
    死角を無くすなど対策を強化する施設が増えました。
    また、防犯カメラの設置だけでなく、ボタンを押すだけで
    警察に通報ができるシステムの導入なども進んでいます。

    今ではなくてはならない存在になった防犯カメラ!

    最初は、原始的なもので、卵泥棒を捕まえるためだった防犯カメラ。
    しかし、その後の「凶悪事件の発生」「防犯意識の高まり」によって、
    防犯カメラの需要が拡大し、価格も購入しやすくなりました。
    最初は、録画もできず、画質も悪かった防犯カメラも今では、
    犯人逮捕に貢献するなど、日々性能も進化しています。
    今ではなくてはならない存在になったのが防犯カメラです。
    防犯カメラは、防犯だけでなくAIを活用して、マーケティングにも活用されています。

     

    弊社のHPも併せてご覧ください!

    https://www.xn--lckxfya3648dydub.jp/

    pateTop