野生動物に警戒が必要!日本でもクマに関する被害が起きている|知ってほしい世界の防犯事情!

  • ブログ
  • 世界の防犯事情

世界の防犯事情

こんにちは!世界の事件やニュース、防犯についての記事を取り上げる「世界の防犯事情」についてです!
私たちが気になるニュースをピックアップしますので、是非、ご一読ください!

 

ほった
ほった
私が担当する「実際の事件シリーズ」も是非見てください!


駐車場

普段、自分の身を守るために様々な対策を行っている方が多いと思います。
例えば、防犯カメラを設置する、警備会社の警備システムを利用するなどです。
ただし、それはあくまでも相手が「人間」であった場合の話。
襲ってくるのは、人間だけとは限りません。
日本でも起きているのが「クマ」による被害です。

 

アメリカのアラスカ州にある米軍基地の敷地内で兵士が襲われ死傷

先日、海外で報道されていたニュースでとてもショッキングだったのが、アラスカ州の米軍基地の敷地内で兵士がクマに襲われ死傷したというニュースです。
報道によれば、兵士2人がクマに襲われて1人が死亡、1人が負傷したとのこと。
兵士が襲われた近くには、クマの巣穴があり、その巣穴には子グマが2頭いたそうです。
そのため、母グマが子グマを守るために兵士を襲ったのではないかと見られています。
カメラには、大人のクマが子グマを連れている様子が撮影されていたそうです。
現在でも、捜査が続けられているとのこと。

<参照サイト>

 

クマによる人的被害は日本でも発生している

冒頭でご紹介したニュースについてですが、海外だからと思ってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実は、クマによる人的被害は日本でも発生しています。
環境省の資料によると、クマによる人的被害は次のような数値となっているのです。

平成30年度 被害人数53人 死亡者人数0人
令和1年度 被害人数157人 死亡者人数1人
令和2年度 被害人数158人 死亡者人数2人
令和3年度(令和4年3月末暫定値) 被害人数87人 死亡者人数5人
(※データは環境省資料「クマ類による人身被害について」より引用)

このように見てみると、海外だけではなく日本でも被害が発生していることがわかります。
実際に、襲われてお亡くなりになった方もいらっしゃるのです。

<参照サイト>

ほった
ほった
民家などに侵入してくるケースもあります

 

野生動物の目撃情報や被害情報などもチェックする!

今回のブログでは、対人間だけではなく、クマなどの野生動物に対しても警戒するべきだということをお伝えしたいと思います。
お住いの地域によっては、自然豊かなところもあり、野生動物が出没する、野生動物による被害が発生する場合もあるのです。
ですから、人間に対する防犯意識を高めることも重要ですが、クマなどの野生動物に対しても十分な警戒をしておきましょう。
県や各市区町村などのホームページ等の情報もチェックしておくとより安心です。

安心保証

ほった
ほった
保証が充実していると、設置後も安心なのでオススメです☆

コラム画像

言いたいけど言っても分かってもらいないから言わない!
という工事部のモヤモヤを解消する「工事部のマニアックな独り言」。
注意点は、かなりマニアックな単語が連発することです(笑)
単語の説明などないのでご注意ください。。

普段、工事部が頑張ってくれているのでカメラが設置できています!
工事部の大変さを少しでも分かって貰えるとさらに頑張りますので、
どうか読んでいただけると嬉しいです!

基礎知識バナー

私、堀田が担当しております「防犯基礎知識」のブログです☆
防犯についての知識がない方でも分かるように防犯について徹底解説!
これを見れば防犯のことがまる分かり!
「防犯カメラのメリットは?」「導入までの流れは?」など気になる疑問点についてお答えします!
他にも、お得な情報が盛りだくさんのスタッフブログですので、
是非、ご一読くださいませ!


★お見積りやご質問はこちらから!

2ステップお見積り

 

防犯カメラのご相談は

pateTop