コロナ禍で利用者が増えた置き配!利用者だけではなくトラブルも急増!防犯カメラで防げる?

  • ブログ

デリバリー

非対面・非接触で、荷物や商品を受け取ることができるサービス。
それが「置き配」です。
インターネットショッピングなどでも、置き配を利用する人が増えています。
しかし、増えたのは利用者だけではなく、トラブルも増えているそうです。
今回は、「置き配で急増するトラブルとは?」「防犯カメラで何ができるのか?」について解説します。

1.どんなサービスでどのようなメリットがあるのか?

新しいサービスとして、定着しつつある「置き配」
ですが、「どのようなサービスなのかわからない!」「どんなメリットがあるのか知りたい!」という方も多いでしょう。
簡単に紹介すると、事前にしてした場所(玄関前・宅配ボックス・置き配ボックス・車庫等)に非対面で荷物や商品を受け取ることができるサービスです。

次に、具体的なメリットについてですが、以下のようなメリットがあります。

不在でも受け取れる
曜日や時間帯などを気にする必要がない
再配達の手続きをする手間がなくなる
在宅中で、子育てや料理をしている最中など手が離せないときでも受け取れる
対面ではなく、非対面・非接触なので、感染リスクを下げられる

仕事やプライベートで不在でも受け取れますし、在宅でも手が離せないシーンでも受け取れるのが大きな魅力です。
また、コロナ禍では非対面で受け取れることから感染リスクを下げられるということで、一気にサービスが浸透しました。

<参照サイト>

ほった
ほった
私もよく置き配を利用します!

 

急増するトラブルについて

最初に、置き配とは何か、どのようなメリットがあるのか、について解説しました。
とても便利なサービスであることが、おわかりいただけたと思いますが増えているのは利用者だけではないのです。
それに伴って、トラブルも増えています。
具体的には、次のようなトラブルが増えているのです。

注文した商品が違う場所に届けられてしまう(誤配)
玄関前を指定していたら盗まれてしまった(盗難)
指定した場所から落下してしまった、汚れていた(汚損・破損)

例えば、トラブルで多いのが「誤配」です。
つまり、これは間違った届け先に届けてしまうというもの。
マンションやアパートなどの集合住宅などでは、階や部屋番号等を間違えることが多くなっているようです。
それから、住所によっては同じ番地に複数件の家があるためこちらも誤配されてしまうことがあるとのこと。

また、もう1つ大きなトラブルとしては「盗難」があります。
数時間放置しておくと、誰かに持っていかれてしまう可能性が高くなるのです。
実際に、自宅前に届けられていたものが盗まれてしまったという話をよく聞きます。

その他では、指定した場所から落下してしまった、あるいは天候の変化で雨に濡れてしまったなど、汚損や破損してしまう場合もあるようです。

参照サイト
<「置き配」でのトラブルに注意>

過去に参考になる記事を書いていますので、よろしければ併せてご一読ください。

 

初期設定が「置き配」になっているサービスもある

トラブルとして報告されるものの中には、「置き配」を選択していないのに置き配で届いたというものがあります。
え?そんなことがあるの?と思うかもしれませんが、一部のサービスなどでは初期設定で荷物・商品の配送方法として置き配が設定されている場合があるのです。
これはあくまでも推測ですが、配送業者の方の再配達の負担を軽減するため、新型コロナウイルスへの感染リスクを少しでも下げるためと考えられます。
そのため、お買い物をする際は配送方法などをチェックしておくとよいでしょう。

参照サイト
<置き配指定>

 

2.カメラを設置することでどんなトラブルを防げるのか?

アパート

利用者にも配達業者にもメリットのある置き配ですが、誤配・盗難・汚損・破損などのリスクもあります。
では、防犯カメラを設置することでどのようなトラブルを防げるのか見てみましょう。
まず、盗難のリスクを大幅に下げることができます。
もしも、カメラが設置されていなかった場合、犯人を特定するのはとても困難となるでしょう。
ですが、設置されていれば、犯罪の証拠が記録できますし、その記録した映像から犯人の特定、逮捕に貢献できる可能性があります。
国内でも、実際に防犯カメラの映像から犯人が逮捕された例があるのです。

 

荷物を受け取ったかどうかの確認にも使える

盗難防止という点で、防犯カメラは非常に効果的です。
ただし、有効なのはそれだけではありません。
他にも、荷物の受け取りをめぐって配達業者とトラブルになった際に重要な証拠となります。
増えているトラブルでも紹介しましたが、誤配によって誤った届け先に届けてしまった場合、受け取っていないと主張する利用者と、配達したと主張する配達業者の間でトラブルになってしまうことがあるのです。
話し合いでは解決が難しくても、設置している防犯カメラの映像を見せることで、荷物を受け取っていないことを証明できる場合があります。
問題の解決にもカメラが有効となるのです。

ほった
ほった
防犯カメラを設置してトラブルを防ぎましょう

 

利用する場合には補償や連絡先を確認しておく

最も大切なことは、置き配を利用する際は事前に盗難などのトラブルが起きた際の補償の有無、連絡先などを確認しておくことです。
補償があれば、万が一の際も安心ですので、事前に確認しておくことは非常に大切と言えるでしょう。

 

3.メリットだけでなくリスクについても理解したうえで利用することが重要!

多くのメリットがある置き配ですが、誤配・盗難・汚損・破損などのリスクもあります。
重要なのは、メリットだけでなくリスクがあることも理解しておくことです。
さらに、利用する際には補償の有無やトラブルが起きた際の連絡先について確認しておきましょう。
様々なリスクを下げるには、防犯カメラの設置がおすすめです。


新人ブログ

ほった
ほった
新人の篠田がブログを更新していますので是非、ご一読くださいませ!

バナー

スタッフブログの大人気シリーズのご紹介☆
最近のニュースや気になるニュースをピックアップした「実際の事件から学ぶ」シリーズ!
皆さんが気になるあのニュースや意外と知られていない事件などお話します!
また、世界のニュースも取り上げていますので、是非ご一読くださいませ。

2ステップお見積り

pateTop