玄関に防犯カメラを付けるメリットを3つ紹介!実はデメリットも…

  家まわりで起きたことを録画してくれる「防犯カメラ」。 今、玄関に設置しておくだけで、犯罪に巻き込まれるリスクを減らすことができると人気になっています。 とはいえ、 「設置するとどんな効果があるの?」 「ちゃんと使えるか不安…」 という方も多いと思います。 そこでこの記事では、防犯カメラを設置するメリット、そしてデメリットを紹介します。

1.玄関に防犯カメラを付けるメリット

メリット① いたずらを監視できる

1つ目のメリットは、いたずらを監視することができることです。 玄関やポスト、車など、家にはいたずらされるポイントが多々あります。 一戸建て住宅の場合、ポストの中を勝手に持っていかれるなんてことも… 特に道沿いに玄関やポストがある場合は、そういった被害に遭いやすいため、早めに防犯カメラを設置しておくことをおすすめします。  

メリット② 訪問者の確認ができる

2つ目のメリットは、訪問者の確認ができることです。 今のインターホンには、ほとんど録画機能がついていますが、インターホンのカメラから見える範囲は限られていますよね。 監視カメラを設置しておくことで、インターホンから見えない位置や、家まわりをしっかり監視することができます。 玄関先をしっかり録画しておくことで、不審者などを未然に発見することも可能です。  

メリット③ 牽制になる

3つ目のメリットは、牽制になることです。 玄関にカメラがある、それだけで不審者は近づきにくくなります。 録画しているかどうかは関係なく、カメラを設置しておくだけでも被害に遭う確率を減らすことが可能です。  

2.玄関に防犯カメラを付けるデメリット

防犯カメラを設置しておくと、犯罪に遭う確率を減らせることが分かりました。 ただ、実は防犯カメラを設置するとデメリットもあるんです。 それは「設置や設定が大変」ということ。 防犯カメラを玄関に設置するためには、工事が必要です。 他にも、カメラの映像を確認できるようにするために、LANケーブルを繋いだりなど… とにかく手間がかかってしまいます。 これが、防犯カメラを設置する際のデメリットです。  

3.設置や設置を楽にする方法

設置しておけば効果が高い防犯カメラですが、設置や設定がめんどくさい、これがデメリットとなってしまいます。 そこで弊社では、手間な作業を全て省くことができる「防犯カメラ導入プラン」をご用意しています。 導入プランでは、防犯カメラの見積もり、設置工事、実際に使えるようになるまでの設定など、全てご案内することが可能です。 「防犯カメラのことが全然わからない」 「いざ設置しても使えるか不安」 そんな方は是非一度ご相談ください。    

まとめ

ここまで、玄関に監視カメラを付けるメリット・デメリットについて紹介しました。 防犯カメラを設置しておくと3つのメリットがあります。 ①いたずらを監視できる ②訪問者の確認ができる ③牽制になる ただ、防犯カメラを実際に使うとなると、設置や設定に手間がかかります。 もし自分で管理するのが不安な場合は、是非弊社にご相談ください。

pateTop