サーマルカメラの仕組みや特徴とは?

貴方はサーマルカメラというのを知っていますか?一般的な防犯カメラと違い、サーマルカメラが映し出しているのはサーモグラフィーによって検出される人の熱です。

その熱を検知することによって、誰の体温が高くなっているのかが一目で分かります。

ただ、どんな仕組みになっているのか、どんな特徴があるのかなど分からない人もいるのではないでしょうか?それでは、サーマルカメラの仕組みや特徴についてご説明しましょう。

複数人サーマルカメラ
 
 

【サーマルカメラの仕組みとは?】

サーマルカメラは、熱を検知する機能であるサーモグラフィーを搭載したカメラのことです。

熱を検知すると言っても温度計のように直接触れて検知するのではなく、赤外線を検知して熱量を映像に映し出しています。

赤外線は温度が高いほど強くなりますが、温度が低い場合は弱くなります。

したがって、対象者の熱が強いほど映像で赤く表示され、熱が弱いほど青く表示されます。

よくテレビなどでサーモグラフィーを使った映像が映し出されますが、夏の暑い日に映像が真っ赤になっているのは赤外線が非常に強いことを示しているからです。

つまり、施設を利用する人をサーマルカメラで確認した場合、何らかの理由で利用者が赤く表示されていれば利用者が熱を持っていることが分かりますし、

青く表示されていれば何も異常はないと言えます。

外出自粛が叫ばれている昨今、致し方なく施設を開放するしかないとなれば、できる限り予防に努めるしかないでしょう。

そんな時にサーマルカメラを設置しておくことにより、普通に風邪を引いていて熱を出している状態はもちろん、新型コロナウイルスによる熱も検知してくれるので、

事前に利用しないように伝えるという措置をとることができます。

こうした病気予防にも役立つのがサーマルカメラのメリットだと言えるでしょう。

 

【サーマルカメラの特徴】

サーマルカメラには様々な特徴があります。それは、以下の通りです。

 

・表面温度を測定できる

・暗闇で撮影ができる

・視界が悪くても正確な映像が映し出される

 

体温を測るのであれば温度計や体温計を使えばいいと思うかもしれませんが、あれは基本的に表面温度を測るのが難しいです。

ただ、サーマルカメラであれば体温計や温度計ではできないこともできるのが特徴です。

それも広範囲にわたって表面温度の測定ができますし、撮影している人や物の温度変化をリアルタイムで映し出します。

対象者が素早く動いていても急速に温度が変化しても瞬時に把握できます。

また、サーマルカメラは暗闇でも関係なく表面温度の変化を検知できるのが特徴です。

一般的なカメラは光源がないと撮影できませんが、サーマルカメラは遠赤外線を感知して撮影できるので、逆光であろうと夜中だろうと撮影環境に左右されることなく撮影ができます。

さらに、サーマルカメラは視界が悪い環境でも問題なく撮影できる特徴もあります。

これは遠赤外線を感知する特性を持つ以上、物体をすり抜けるので霧や煙が充満しているような場所でも、その向こうにいる人の表面温度をとらえて撮影できます。

 

【まとめ】

サーマルカメラは優れたサーモグラフィーの性能によって、霧や煙が充満していたり利用者が急いでいたり夜中に撮影したりと様々な環境下に左右されずに利用者の表面温度を検知することができます。

特に新型コロナウイルスが蔓延している中、少しでも感染の疑いがある利用者との接触は避けたいものです。

少しでも表面温度が高いと感染の疑いが出てくるので、より施設内を安全にするため、そして周囲への配慮のために防犯カメラとしても役立つサーマルカメラを導入してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら

pateTop