【防犯カメラの基礎知識⑤】防犯カメラ導入までの流れと注意点を徹底解説!

こんにちは!最近グレープフルーツにハマってサラダに入れたりしてます!
お肌がプルプルになった気がします…!

防犯カメラを店舗やオフィスに導入したい!
でも、導入までの流れはわかりにくいものです。
今回は、防犯カメラ導入までの流れ、防犯カメラを導入する際の注意点について解説します。
防犯カメラの導入を検討している方は、参考にしてください。

この記事の内容

・現地調査で設置場所を決定
・正式契約後、工事を行う
・防犯カメラ導入までの流れは、もう迷わない!

1.現地調査で設置場所を決定

防犯カメラを導入したい!そんなときは、
まず弊社までお問い合わせください。
お問い合わせ後、お客様のご都合の良い日程を決め、現地調査を実施させていただきます。
現地調査では、次のようなポイントを確認します。

○ 設置場所の決定
○ 設置する目的の確認
○ 配線ルートの確認
○ ご予算の確認
○ 最適なタイプのカメラの確認

などのポイントをチェックさせていただきます。

 

設置場所の選定は、なぜ重要なのか?

現地調査では、様々なポイント確認します。
そのなかでも、とくに重要となるのが、「設置場所の選定」です。
防犯カメラを設置する目的は、それぞれ異なります。
「防犯のため」「状況の確認」「内部関係者の不正防止」
など、目的は様々。
防犯カメラは、この目的によって設置する場所が変わるのです。
例えば、防犯カメラを防犯目的で設置する場合であれば、
内側から外側に向けて映るようにします。
これは、入ってくる人の顔を記録するためです。

設置する場合には全体の状況を把握することができるように、全体が映る場所に設置します。

また、内部関係者の不正防止目的では、不正の瞬間を見逃さないようにするために設置します。
内部の不正では、レジの売上金が多いでしょう。
従業員による売上金の窃盗の瞬間を見逃さないようにするためには、
手元がしっかりと映る位置に設置する必要があります。

レジ金の場合には、顔が映るかどうかよりも、
現金を取る瞬間を映さなければならないため、手元がはっきりと映ることが重要なのです。
このように、設置する目的によって設置場所が変わるので、現地調査の際にご確認させていただきます。

 

お客様のご要望にあわせたお見積り

弊社では、現地調査の際にヒアリングさせていただいた内容に基づき、
お客様のご要望にあわせたお見積りをいたします。
お見積書と一緒に「提案書」を作成。
提案書には、次のような内容を記載しております。

○ 最適なカメラのタイプ
○ 効果的な設置場所
○ カメラの特徴 (赤外線で夜間撮影も可能など)
○ 工事に関すること

などです。
提案書では、簡単な図面やイラストを使って、カメラの設置場所やカメラの機能、特徴、
工事に関するポイントなどをご提案させていただいております。

弊社では、お客様のご予算にあわせてメーカーの選定を行いますが、
予算に縛られすぎてしまうと、本来の目的を果たせない結果となりかねません。
そのようなことにならないよう、予算だけでなく、
十分な耐久性があるかどうかも判断しながらご提案させていただきます。

過去に参考になる記事を書いていますので、よろしければ併せてご一読ください。

2.正式契約後、工事を行う

お客様にご提出させていただいた、提案書、見積書にご納得いただきましたら、
正式な契約となります。
ご契約後に、工事の日程を調整し工事を行います。
工事は通常、約1日で終了。
夜間工事、休日工事などにも対応しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。
弊社が、導入工事で大切にしているのが、「防犯カメラの配線を隠す」ことです。
防犯カメラの配線を隠す目的は、2つあります。

 

POINT○ 見た目をよくすること
○ 配線を簡単に切断されるのを防ぐため

この2つです。

 

配線がむき出しのままでは、見た目が悪くなりますが
極力配線を隠すように工事を行うことで見た目も綺麗に、スッキリとします。
そのため、なるべく配線を隠すように工事を行っているのです。

また、配線を簡単に切断されないようにするためでもあります。
イタズラで配線を切断されたら、映らなくなってしまいますし、
窃盗犯などが来た際に切断されてしまったら記録が残せません。
簡単に配線が見つからないようにする、見えないようにすることが大切です。

防水処理も手抜きなし!

工事の際には、防水処理をしない業者も多いのが実状です。
ねじ穴などをそのままにしておくと、その隙間から雨水が入り込み、
最悪の場合には壁が腐食する可能性があります。
短期間で腐食するのではなく、長い時間をかけて腐食してしまうケースもあるので、
防水処理をしっかりと行う業者に依頼するのがポイントです。

<弊社のInstagramをチェック!>

https://www.instagram.com/hyn_jp/

 

設置後も安心

防犯カメラを設置する業者でよくあるのが、設置したら終わりというパターンです。
使い方について説明をしないので、設置をしてもお客様がわからないままになってしまうケースが多い。
弊社では、設置後もしっかりと使用方法についてご説明させていただきます。

また、説明の際にわかっても後で忘れてしまうというケースもあります。
そのような場合でも安心してご使用いただけるように、
弊社では取扱説明書の他に独自の説明書をご用意。
この説明書をご覧いただければ、安心です。

防犯カメラ導入までの流れは、もう迷わない!

防犯カメラ導入までの流れはとてもシンプルです。
防犯カメラ導入までの流れは次の通り。

① お問い合わせ
② 現地調査の実施
③ ご提案・お見積り
④ ご契約
⑤ 導入工事

防犯カメラを導入する際には、お客様に最適なカメラの提案ができる業者を選びましょう。
防犯カメラの導入は、実績豊富でお客様に最適なご提案ができる弊社におまかせください。

弊社のHPも併せてご覧ください!

https://www.xn--lckxfya3648dydub.jp/

pateTop