工場・物流倉庫の防犯カメラ

工場や物流倉庫の防犯対策

工場や物流倉庫の大型施設は防犯以外でも用途多数

 
最近では防犯以外でも防犯カメラを設置する場合が多くなっています。

現場を見える化にして録画して状況を確認することで、工場の生産ラインの生産性アップを目指すことができます。その際に管理者も的確な指示が出しやすくなります。

その他在庫の紛失時の状況確認ができる環境を作る事でクライアントからの信頼も得ることが可能です。

工場

工場や物流倉庫の設置のポイント

◇不審者の侵入を防ぐ

◇事件や事故時の検証用記録として残す

◇スタッフの業務改善

◇在庫の紛失防止

◇クライアント様からの信頼アップ

 

防犯カメラ導入時のポイント

防犯カメラは耐久性のあるバレット型を使用

工場は基本的にほこりや等が多いので、防水防塵性に強いバレット型を使用します。
トラックでの搬入も多いので、極力高い位置に設置してしっかり見えるように配置していきます。

 

工場2

事務所ですべてのカメラが見えるようにする

事務所で見えるようにすることで、現場の状況がいち早く把握することが可能となります。 

安全と衛生のために導入

カメラは特に食品を扱う製造業では特に必要なツールです。ある有名な事件で食品工場に異物をわざと混入させて営業停止する事件もありました。こういう事件が起きてイメージを悪くしないためにも絶対にお勧めします。